トップページ > ニキビ跡肌のスキンケア > ニキビ跡ができた肌のスキンケアはどうすればいいの?

ニキビ跡ができた肌のスキンケアはどうすればいいの?

今あるニキビ跡を悪化させないこと、増やさないことを第一に!

毎日のスキンケア ニキビ跡ができてしまったらニキビ跡を早く治すためはもちろん、新たなニキビができないためにも毎日のスキンケアを正しく行いましょう。

毎日の洗顔、保湿はいつも通りでかまいません。ただしナチュラルメイクなのに刺激の強いオイルクレンジングやふき取りシートタイプのメイク落としを使用してる方は控えましょう。
メイク落ちが良い=肌への刺激がとても強い!ということです。
また、肌に本来必要な分の皮脂も落としすぎてしまうので、肌が乾燥しやすくバリア機能も低下、そしてターンオーバーも正常に行われなくなるなど悪循環になってしまいます。 すると、また新しいニキビができてしまったり肌への刺激で今あるニキビ跡が色素沈着しやすくなってしまいます。

お肌の自己回復力をアップさせるためには、常に肌が潤っている必要があります。 肌が潤っている時は、美容成分が浸透しやすくお肌の回復力がアップします。

お肌がプルプルに潤う♪新発想!ニキビ痕専用導入型化粧水!


いつものスキンケアにスペシャルケアをプラス!
間違ったスキンケアをしてるわけではないのに、どうも肌が乾燥しがちな人は多いと思います。そんな方は、普段のスキンケアに加えて「導入型柔軟化粧水」というものをプラスしてみてください。お肌を柔らかくプルプルの状態にし、有効成分を浸透しやすくしてくれます。
>>導入型柔軟化粧水について詳しくはこちら!

また、現在使用中のスキンケアにビタミンCが入っていない場合は、ビタミンC入りの美容液をプラスしてください。ビタミンCについては別ページでも解説していますが、ニキビ跡のケア、ニキビ予防の他にも美肌効果、美白効果、シワやたるみなど全ての肌トラブルに有効な成分です。 ビタミンC美容液を選ぶ際は、なるべく浸透力の高いものを選ぶようにしてください。
>>ビタミンCの浸透力で選ぶならこちらのニキビケア!
紫外線に注意!!
紫外線はニキビ跡には大敵!
ニキビ跡に紫外線があたると、その刺激から守ろうと肌の奥でメラニンの生成がおこります。特にニキビ跡はもともと肌にダメージを与えているのでメラニンによる色素沈着が起こりやすくなっています。
ニキビ跡が悪化して治りにくくなる原因となりますので、いつも以上に紫外線対策を徹底してください。
週一回ピーリングをしてみる
ホームピーリングで角質除去
ピーリングとは、酸などを顔に塗って肌表面の古くなった角質を柔らかく溶かしてターンオーバーを強制的に促す働きがあります。美容皮膚科などで行うケミカルピーリングは効果が高いですが刺激が強く、医院に通わなくてはなりません。 でも大丈夫です。もっと刺激を抑えたマイルドなタイプのピーリング剤やピーリング石鹸で手軽にホームピーリングができます。少しでも早く肌の角質を除去し新しい皮膚に入れ替えていくことで、ニキビ跡の治りを早めることにつながります。
>>自宅でできるピーリングゲルならこちらが人気♪

ニキビ跡対策の知識

ニキビ跡がなぜできてしまうのか?どうしたらニキビ跡にならないで済むのか?知っておくことでニキビ跡を予防することができます。
また、ニキビ跡になりやすい人は繰り返しニキビが出来やすい人でもあります。ニキビが出来ない肌を維持することが一番のニキビ跡対策になります。ニキビケアやニキビ跡を治すために有効な成分を積極的に使ってツルツルすべすべのきれいなお肌をめざしましょう!
今あるニキビ跡を悪化させないこと、増やさないことを第一に! ニキビ跡ができてしまったらニキビ跡を早く治すためはもちろん、新たなニキビができないためにも毎日のス