トップページ > 茶色いシミ状のニキビ跡 > 茶色いシミのようなニキビ跡を早く治すには?

茶色いシミのようなニキビ跡を早く治すには?

茶色いニキビ跡ができてしまうのはこんな理由

茶色いシミのようになってしまったニキビ跡ができてしまうのは、ニキビが炎症をおこし大きく腫れてしまった後や洗顔等でこすってしまったり引っ掻いてしまうなどニキビに傷をつけてしまい皮膚に過度な刺激を与えてしまった場合です。
その他には赤みの残ったニキビ跡を放置して紫外線をたくさん浴びてしまうとニキビ跡が茶色くシミのように残ってしまうことがあります。

肌は大きな刺激でメラニンを作り出す性質があります。

茶色いニキビ跡も過度の刺激が原因でメラニンが作り出されてシミになってしまったものなのです。
このようなシミを炎症性色素沈着といいます。

色素沈着をきれいに消すならこれ!
ハイドロキノン配合のシミを消すクリームや高濃度のビタミンC配合美容液がトライアルセットで試せます!茶色いシミのようになってしまった色素沈着したニキビ跡に最適!


ニキビ跡が炎症性色素沈着によって茶色くなってしまった場合の対症法

肌を潤し皮膚を柔らかくすることで肌への刺激を減らす
肌を潤おす(保湿する)ということは美肌の基本でもあり、肌本来の回復力を助けることでもあります。ニキビや肌荒れによって角質が痛み乱れると肌が必要な成分でさえも刺激となってしまうので元のお肌になかなか戻ってくれません。まずは、肌を保湿し角質を整えて必要な成分が浸透しやすい肌を作ることが第一です。
ピーリングでターンオーバーを促しシミのできた古い角質を排泄する
肌の古い角質を排出し新しい皮膚の生まれ変わりを促すピーリングを行うことにより、肌表面にある色素沈着した角質、ニキビ跡を排出していきます。美容皮膚科などで行うケミカルピーリングが最も効果が高いですが、刺激も強く実用的ではありませんのでマイルドなピーリング石鹸などでホームピーリングでも良いでしょう。
メラニンに作用する美白成分で直接ニキビ跡をケアする
色素沈着の原因のメラニンを還元したり漂白する作用のある美白成分でスキンケアをすると早くニキビ跡のシミを消すことができます。代表的な成分としてハイドロキノン、ビタミンC、アルブチン、ダーマホワイト、プラセンタなどがあります。これらの成分は健康な肌であれば問題ないですが、角質が乱れてバリア機能が低下している状態だと多少刺激に感じることがあります。 そうならないためにも、お肌に潤いを与えるケアが大切になってきます。

色素沈着したニキビ跡のメラニン対策をスキンケアで!

赤く腫れただけのニキビ跡に比べて色素沈着してしまったニキビ跡は肌が刺激を受けて発生してしまったメラニンが原因です。 1日でも早く茶色いシミ状のニキビ跡を消すなら、シミ対策に使われる美白成分が入ったコスメでスキンケアを行うのが近道です! ビーグレンのホワイトケアセットはハイドロキノンもビタミンCも入ってます!



ビーグレンなら使用後でも365日返金保証付き!

顔のシミ対策で人気のビーグレンの美白コスメはニキビ跡を消したい方にも非常に人気です。
それは、シミ予防の成分ではなく、今あるシミに直接働きかけ、薄くしていってくれる成分「ハイドロキノン」とメラニンを抑制する成分「ビタミンC」が入っているセットだから!
さらに、トライアルセットはもちろん1か月セットなど本製品でも、ビーグレンで初めて購入する商品ならどれでも365日返金保証!使い切った後でもOKなので肌に合うか心配な方でも気軽に試すことができます。




シミのように茶色くなってしまったニキビ跡場合の対症法

ニキビ跡を治す方法 - TOPページへ

ニキビ跡対策の知識

ニキビ跡がなぜできてしまうのか?どうしたらニキビ跡にならないで済むのか?知っておくことでニキビ跡を予防することができます。
また、ニキビ跡になりやすい人は繰り返しニキビが出来やすい人でもあります。ニキビが出来ない肌を維持することが一番のニキビ跡対策になります。ニキビケアやニキビ跡を治すために有効な成分を積極的に使ってツルツルすべすべのきれいなお肌をめざしましょう!
茶色いニキビ跡ができてしまうのはこんな理由 茶色いシミのようになってしまったニキビ跡ができてしまうのは、ニキビが炎症をおこし大きく腫れてしまった後や洗顔等でこ