トップページ > 美容外科のニキビ跡治療について > 美容外科で行うニキビ跡の治療について

美容外科で行うニキビ跡の治療について

ニキビ跡の治療は美容外科や美容皮膚科で行うものやフェイシャルエステなどで行う光フェイシャルなどがあります。

★クリニックやエステサロンなどで行うニキビ跡の治療方法

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、強めの酸を使って皮膚の表面の角質を溶かして皮膚を柔らかくし、古くなった角質や角栓を取り除きます。表面の古い皮膚を溶かすことで詰まった毛穴を解放し色素沈着してしまった皮膚も同時に取り除くことができます。ただし刺激が強いため皮膚全体が赤くなったり、かゆみがでたりすることがあります。

レーザー治療(フラクショナルレーザー)

ニキビ跡のレーザー治療は主にクレーター状に凹んでしまったニキビ跡の治療に用いられます。 凹みのある部分の皮膚に強いレーザーをあてることで真皮層に刺激をあたえてコラーゲンの生成を促します。怪我をすると皮膚が再生しようとする身体の働きを利用した治療方法です。クレーターの大きさや深さにあわせてレーザーを照射しニキビ跡の部分だけをふっくらと再生させるため、凸凹のないフラットな肌に近づけることができます。
ただし費用がとても高く、痛みも強い。またダウンタイムも長いというのが欠点です。

スキンヒールセラピー

スキンヒールセラピーとは、非常に細い針のついたローラーを皮膚にあてて直接刺激を与えて、皮膚の再生を促す治療法です。 レーザーのかわりに針で直接刺激を与えるため、痛みが非常強く出血することもあります。こちらも費用は高いです。

光治療(iplフォトフェイシャル)

レーザーやスキンヒールセラピーは強い痛みが課題でしたが、IPLフォトフェイシャルは痛みがすくない優しい光をニキビ跡にあてて治療する方法です。 レーザーに比べて出力が弱いので回数が多くなることが欠点ですが、痛みは少なくダウンタイムもないので当日からメイクも可能というところが良い点です。 費用はやや高めですがレーザー治療よりはお手頃な価格設定のところが多いようです。

ニキビ跡専用のスキンケアならこちら!
ニキビ跡化粧品ランキング

あなたのニキビ跡の種類はどれ?スキンケアで対策する方法も紹介!



ニキビ跡 - TOPページへ

ニキビ跡対策の知識

ニキビ跡がなぜできてしまうのか?どうしたらニキビ跡にならないで済むのか?知っておくことでニキビ跡を予防することができます。
また、ニキビ跡になりやすい人は繰り返しニキビが出来やすい人でもあります。ニキビが出来ない肌を維持することが一番のニキビ跡対策になります。ニキビケアやニキビ跡を治すために有効な成分を積極的に使ってツルツルすべすべのきれいなお肌をめざしましょう!
ニキビ跡の治療は美容外科や美容皮膚科で行うものやフェイシャルエステなどで行う光フェイシャルなどがあります。 ★クリニックやエステサロンなどで行うニキビ跡の治療